スポンサーリンク

プレゼントにもおすすめかわいいクリスマス絵本

クリスマスを題材とした絵本ってたくさんあります。

たくさんありすぎて、どれを選んだらいいのかわからなくなりますよね。

クリスマスの絵本って、意外とリアルな絵のタッチのものも多く、そういう絵って子供の好みも分かれがちです。

今回は見た目もかわいくて、子供たちみんなに人気のクリスマス絵本を紹介します。

スポンサーリンク

プレゼントにもおすすめのクリスマス絵本

モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの

モモンガさんは森のはいたつやさん。

モモンガさんはある日、サンタさんのもとに帰れずに泣いているトナカイさんに出会います。

初めてのクリスマスに向けてとぶ練習をしている間に、ぼうしが木の枝にひかかって破れてしまい、落っこちた時に、持ち物を全部なくしてしまったというのです!!

モモンガさんはトナカイさんのために一緒に森を探してあげます。

さて、トナカイさんはサンタさんのもとに無事に帰れるのでしょうか・・・?


 

この絵本はシリーズになっています。

モモンガのはいたつやさん


 

 

モモンガのはいたつやさんとミーちゃんのプレゼント


 

ふくざわゆみこさんの絵本の世界はいつも森の動物達のあたたかいお話で、とても癒やされます。

シリーズで連動していて、話の続きを楽しめる感じも好きです。

ノンタン!サンタクロースだよ

クリスマス絵本の定番ですね。

私自身が子供の頃から大好きだった絵本でもあります。

子供の頃、いろいろな動物のサンタさんたちが空をとんで、プレゼントを届けているページをずっと見ていた記憶があります。

「こんな動物もいるんや〜」と、このページを見るだけでいろいろな想像が膨らみ、わくわくした気持ちになります。


ぐりとぐらのおきゃくさま

ぐりとぐらを知っているお子さんは多いので、初めて読んでも親しみやすいお話です。

森で大きな足跡を見つけたぐりとぐらは、そのあとをつけていきます。

すると、たどり着いたのはなんと2人のおうち!!

ドアを開けると、大きな長靴、赤い服に赤い帽子・・・

わくわくドキドキでいっぱいです。

ジャッキーのクリスマス

クリスマスの朝、ジャッキーは一人暮らしのおじいさんと出会います。

招待されたおうちには、ジャッキーと同じくらいの女の子の写真がありました。

でも、その女の子は今はもういません・・・


まどから おくりもの

こちらも私自身が子供の頃に母に読んでもらった記憶のある絵本です。

毎日たくさんの絵本を読んでもらって、絵本に囲まれた生活をしていた私。

その中でも思い出に残っている絵本は、今でも絵本ランキングなどで紹介されていて、現在の令和を生きる子供たちにとっても素敵な絵本であることに変わりはありません。

サンタクロースがやってきて、家をまわり、窓からおくりものを配ってまわります。

穴あきになっている窓から、次のページに登場する動物や子供の様子が少し見えます。

それを見たサンタさんは「これは〇〇のおうち!!」と判断するのですが・・・

あれあれあれ〜?という楽しいお話です。


 

しかけ絵本なので、幅広い年齢のお子さんが楽しめます。

スポンサーリンク

まとめ

子供たちみんながとても楽しみにしているクリスマス。

クリスマスの絵本はどれもあたたかく、わくわくドキドキがつまっています。

子供たちのクリスマス気分を更に盛り上げるのに活躍してくれること間違いなしですね。

読書
スポンサーリンク
みいをフォローする
スポンサーリンク
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました