スポンサーリンク

小学生の英検勉強法【英検3級】英検2級は高校受験に有利!?

中学生の英語が今年度から急に難しくなっています。

中学1年生の教科書には小学校の間に習ったことになっている単語が山のようにあります。

どんどん英語学習の低年齢化が進み、小学生でも英検4級や英検3級を持っている子もいますよね。

でも、いざ小学生が英検の勉強って言っても、自分ではどうしていいのかわからない子がほとんどではないでしょうか。

スポンサーリンク

小学生の英検勉強法

長男は5年生まで5年間英語を習っていたので、文法などは曖昧ながらも過去問を何回も解きまくり、5級と4級はなんとか小学生の間に合格しました。

しかし、3級はそうもいかなさそうなので、4級合格後、文法、熟語などをきっちり勉強することにしました。

試しに3級の過去問を解いてみたら、全くわからなかったようです。

ひとつひとつわかりやすく。シリーズ

使っている参考書は、英検3級をひとつひとつわかりやすく。です。

CDもついています。

 

このように、左ページに文法などの説明、右ページに練習問題という構成になっています。

1回分の量が少なめなので、取り組みやすいです。

英検テキスト

右側の問題のページをコピーして、5枚くらいをホッチキスでとめています。

コピーすることで、何回も同じ問題が出来ます。

1回目は解説を見ながら、2回目は何も見ずに、など学習習得ペースに合わせて利用出来ます。

兄弟がいる場合には1冊の参考書でみんなが使えるのでお得感もあります。

英検プリント

まずCDを聴き、左の解説ページを読みます。
その後、右ページの問題プリントに取り組みます。

問題集を買って、「はいっ」と渡すだけでは山のような量、どうしていいかわからず、やる気がなくなってしまうようです。

あと、我が家では小学生の間は家庭学習にプリント1枚1ポイント制を導入しています。
1ポイントには10円の価値があります。

小学生の家庭学習はポイント制に!勉強にご褒美はありか?なしか?
小学生にとって、宿題以外の勉強を自主的にするって難しいですよね。 ご褒美で釣って勉強をさせていたら、何ももらえなかったら勉強しない子になってしまうのではないかって意見もわかります。 でも、勉強しない子をそのままにしておい...

 

ご褒美でつっての勉強には、賛否両論ありますが、長男は習い事をやっていない、塾も行っていないので、自分から勉強してくれるなら安いと考えることにしました。

自分で勉強する力をつける為です。

『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』も同じ方法で使用中です。

 

こちらは、問題を解いた後にCDで確認をするというスタイルです。

どちらもリスニング対策が同時に出来て、効率よく学習出来ます。

こちらの問題集はYouTubeで解説を見ることも出来ます。

英語参考書

【ボカロで覚えるシリーズ】中学生に人気のボカロで楽しく暗記
今は中学生になるとスマホを1人1台持っています。 そのスマホを使って学習出来る参考書が数多く出版されています。 参考書を購入するだけで、様々な動画や音声を活用することが出来るので勉強の幅が広がります。 ボカロで覚えるシ...

 

我が家ではゲーム、YouTubeなどは夜8時半までと決めていたので、毎日プリント2、3枚を8時半からやっていました。

(小学生の頃の話なので中学生になった現在は変わっています)

1日3枚やったとしても30円、1ヵ月で900円!

英語を習いに行くことを考えたら格安!

同じシリーズで英検4級や5級もあります。

『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』は、5級から3級に対応している内容となっています。

 

英検2級は高校受験に有利

こちらは地域や学校によってさまざまですが、英検を持っていると高校受験で点数保証や優遇があることがあります。

当日のテストで万が一点数が悪かったとしても、英検を持っていることで優遇される制度です。

大阪府立高校では、英検準1級は100%、2級は80%の読み替え率とし、当日の試験の点数と比較し高い方が得点とされます。

万が一、当日の点数が悪くても安心です。

他にも、入試結果に加点されたり、授業料が免状になる学校もあります。

スポンサーリンク

まとめ

英検の勉強は小学生が自ら行うには難しいです。

英語を習っていた息子でも、自分ではどのように勉強すればいいのかわからないようでした。

・やる箇所がわかりやすいように印刷をしてプリント化する。
・YouTubeなど動画で楽しく学べる参考書を使用。
・単語はアプリと単語帳を併用。

YouTubeやCD、アプリなど楽しめるものを上手く活用していきたいですね。

家庭学習
スポンサーリンク
みいをフォローする
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました