スポンサーリンク

歯磨きの仕上げ磨きはいつまで?コスパ最高のキッズ用電動歯ブラシ

歯がはえてきた頃から当たり前のように毎日やってきた子供の仕上げ磨き。

でもこれって一体、いつまですればいいのって疑問に思ったことないですか?

歯医者さんからのアドバイスでは、最低でも10歳までは仕上げ磨きをした方がいいとのことです。

10歳以降も子供が嫌がらないなら、できる限り長い間、仕上げ磨きをし続けることで、虫歯になりにくいです。

スポンサーリンク

仕上げ磨きっていつまでするの?

仕上げ磨きは少しでも長く!

子供達が通っている歯医者さんの指導では・・・

「仕上げ磨きは子供がごろんとするのを嫌がるまで、なるべく長くやってあげてください」

息子たちは5年生頃まで仕上げ磨きをしていました。

小3の娘はまだ今も毎晩仕上げ磨きを継続中。

定期的に歯医者さんで検診を受けていますが、仕上げ磨きをしなくなってから、息子たちは毎回磨き残しを指摘されています。

検診の際に、磨き残しをしている部分を高学年ぐらいの子供には歯医者さんが直接指導してくれます。

細かい動作が苦手な子にとっては、適切な力で全体を磨き残しなく磨くことはとても難しいです。

歯ブラシの使い方や力の入れ具合も上手にコントロールできるようになる目安が10歳頃です。

しかし、我が家の息子達のように小学校高学年になっても、みんなが上手に仕上げ磨きができるようになるわけではありません。

歯ブラシの毛が曲がるくらいに押し付けながらガシガシと強く磨きすぎたり、同じ場所ばかり磨いてしまったりします。

歯ブラシも得意な子、不得意な子、正しいやり方が継続できる子、意識していないとパパッと適当に磨いてしまう子など、それぞれに個性があります。

仕上げ磨きを卒業する前に子供がちゃんと磨けているのか、きちんと判断する必要がありますね。

仕上げ磨き卒業前に電動歯ブラシへ

息子たちが小学校高学年になった頃、そろそろ仕上げ磨きも卒業かなという時になってに、歯磨きを自分でするのが下手すぎました!!

このまま仕上げ磨きを卒業したら、虫歯確実!

そこで「電動歯ブラシなら少しはマシかも!?」という安易な考えで、我が家では仕上げ磨き卒業前に電動ブラシを導入しました。

キッズ用電動歯ブラシです。

子供用ですが、口コミを見ていると、大人でも使ってらっしゃる方がチラホラ。

ブラシのヘッドが小さめがお好みの方は大人でも問題なく使えます。

購入の決め手は価格でした。

替えのブラシが8本もついています。

ドラッグストアなどで普通の歯ブラシを買っても、1本100円くらいはするので、かなりお得!!

電動歯ブラシを使うのが初めてだった為、もし子供たちが嫌がったとしても電動にせず歯ブラシとして使用しちゃえば、無駄にはならないと思える価格だったのが決め手です。

単3電池1本が必要。

虫歯ゼロ!!

子供達3人共、今までずっと虫歯になったことがありません!

虫歯菌を気にして、双子は3歳ころまで大人とお箸をわけていました。

食べかけのものなどもあげずに、徹底していました。

娘はみんなが食べているものを欲しがるようになったので、1歳半くらいで諦めてしまいました。下の子は難しいですね。

大人とお箸をわけたり、食べかけを上げたりする場合は、その分、仕上げ磨きはしっかりとする必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

子供の仕上げ磨きって面倒ですよね。

でも虫歯になったらもっと大変です。

出きり限り長く仕上げ磨きを続けていきたいですね。

仕上げ磨きを卒業する前に、お子さんがきちんと磨けているのか歯医者さんでチェックしてもらうのもいいですね。

子育て小学生の日常
スポンサーリンク
みいをフォローする
スポンサーリンク
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました