スポンサーリンク

音楽を聴きながらの勉強はあり?なし?上手に活用しよう!

スポンサーリンク

音楽を聴きながら勉強する

中学生の息子たちは、音楽を聴きながら勉強したがります。

しかもBGM程度の音楽ではなく、ガッツリ歌詞もあるノリノリの曲です。

「音楽を聴きながらの方が集中できる」と言うのですが、とても集中出来ているとは思えません。

スマホで聴いているので、途中でLINEが来ると気になってしまうし、気づいたら何か検索しているということも…

勉強中の音楽は、自分で必要性をよく考えて、うまく付き合っていかなければいけません。

 音楽を聴きながら勉強するメリット

好きな曲で楽しい気持ちになってモチベーションが上がる

好きな曲を聴くことでテンションが上がるので、長時間勉強することが出来るようになります。勉強に対して、嫌な気持ちがある場合、それが軽減されます。

リビングで学習する場合に周りの雑音が聞こえにくくなる

周りの会話や生活音、テレビの音などに気をとられることなく自分の世界に集中することが出来ます。

音楽を聴きながら勉強するデメリット

 近くにスマホがあると気が散って集中力が途切れてしまう

手の届くところにスマホがあると、つい気になって触ってしまって勉強が中断されることがあります。
友達からLINEが来ることもあります。

聴覚と視覚を同時に使うので集中力が分散してしまう。

耳では音楽を聴いているので、暗記ものなどは邪魔にしかなりません。特に歌詞のある曲は暗記の邪魔になります。

必ず音楽があるところで勉強していると音楽がないと集中できなくなってしまう。

勉強=音楽という風に慣れてしまうと、無音での勉強が落ち着かなくなることがあります。テストは音楽などなく、静かな環境で行われるので、そういう環境にも慣れておく必要がありますね。

頭のいい人でも「学生時代、音楽を聴きながら勉強をしていた」という人もいます。
だから、勉強中の音楽は一概に「ダメ」とは言えないです。

f:id:kosodateand:20210324140812p:image

音楽をうまく取り入れる

やっぱり本気で集中して勉強するには音楽は邪魔になります。

勉強し始めにテンションを上げる時にだけ音楽を聴く。
暗記物など音楽が邪魔になる教科の時は音楽を聴かない。

どうしても音楽を聴きたい場合は、音楽を聴く時と聴かない時のメリハリをしっかりとつけて、工夫して音楽を取り入れていかなければ勉強の効率は悪くなります。

勉強に前向きに取り組むための手段として、音楽をうまく利用出来るといいですね。

勉強中にスマホが手の届く場所にあることが集中力が切れてしまう1番の問題点です。
我が家では、テスト勉強の期間は、勉強中に音楽を聴いていても、スマホは手の届かないところに置くという約束にしました。
家庭学習
スポンサーリンク
みいをフォローする
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました