スポンサーリンク

双子ママは公園デビューしてもママ友トーク出来ない

子供が歩けるようになった時の楽しみの1つは公園デビューですね。

閉ざされた空間の中で子育てしているママにとっては、他のママさんとの気軽な交流の場となる公園はとてもありがたい場所です。

しかし、双子ママは2人を1人で見るのが精一杯でママさん達と話す余裕はほとんどありません。

でも繰り返し同じ公園に通っているとママ友は出来ます。

スポンサーリンク

双子ママの公園デビュー

安全な公園でデビュー

私は双子が歩くのが安定した1歳半頃から近所の公園に通うようになりました。

住宅地内にある自宅から歩いて3分もかからない場所にある公園に毎日のように朝夕と通っていました。

この公園に通っていたのはもちろん近いという理由もありますが、安全面で1人でも2人を連れていけると判断したからです。

【公園選びのポイント】

公園の目の前が大きな道路ではなく住宅地
もちろん公園から出ないように気を配りますが、公園から万が一出てしまった場合も、交通量が少ない安全な道の方が安心です。

遊具に危険なものがない

近づいていくのを止めないと危ないので、ブランコがあると意外と面倒くさいです。

他にもすべり台が小さい子向けで階段が登りやすい方がいいですね。

ゴミ箱がない
我が家の双子は何でも触ってしまうタイプだったので、ゴミ箱がないのはありがたかったです。
しかし、1度落ちていたパックジュースを飲もうとしてしまったことがあり、とても焦った経験があります。

 

助けてくれるママさんには感謝の気持ちを

顔見知りのママさんも出てきて、話す機会もありますが、ゆっくり話すことは不可能。

1人は土を口に入れようとしたり、1人はすべり台の階段を登っていったり…全く目が離せない状態でした。

ママさんが話しかけてくれて、話しだしたと思ったら、すぐに中断の繰り返しでした。

毎日通っていると、同じ時間帯に公園に来る人は決まっていて、ゆっくり話すことは出来なくても、さすがに毎日会っていると仲良しのママさんも数人出来ました。

1人で双子を連れて公園に行くことは正直とても大変でしたが、家にずっと閉じこもっているよりも私自身が気分転換になるし、ママさんたちと話すことが毎日楽しみになっていました。

そして、双子を1人で見ていると、みなさんとても優しく手助けしてくれました。

道路に出ようとするのを止めてくれたり、すべり台に登っていくのを見守ってくれたり、本当に毎日たくさん助けてもらっていました。

ここで気をつけなければいけないことは、どんなに仲良くなってもそれを当たり前とは決して思わないことです。

毎回絶対「ありがとう」とお礼を言うこと
これ、当たり前のことですが、一緒に遊んでるんだから見てもらっても当たり前という態度のママさんも実際にいます。
もちろん子供に罪はないし、危ないことしそうになっていたら、ほっておくことも出来ないので手助けはします。でも、そこで「ありがとう」という言葉も何もないと気分悪いですよね。
逆に、仲良くなった他のママたちに下のお子さんが生まれたときなどは全力でお助けしました。

公園へは双子ベビーカーで行く

1人で双子を連れて外に出るだけでも大変ですよね。

私は近所の公園に行くにも必ず二人乗りベビーカーで行くようにしていました。

もちろん2人共もう歩けるし、すぐそこなのでベビーカーを出すのも面倒なのですが、別々の方向へ歩いていってしまう双子の安全を考えるとベビーカー一択でした。

砂場のおもちゃやボール、水筒などの荷物を持って、2人と手をつなぐのは難しいです。

赤ちゃんの頃から、毎日のようにベビーカーに乗せて、散歩やスーパーに行っていました。

外に出る=ベビーカーに乗る

双子にとっては外に出るとベビーカーに乗るというのが定着していたので、ベビーカーに乗るのを嫌がって困ったという記憶はほとんどありません。

「ベビーカー嫌がって乗ってくれない」という声をよく聞きますが、双子ちゃんは割と乗ってくれる印象です。

赤ちゃんでも周りの大人の状況をわかっています。

我が家の双子も夫やおじいちゃん、おばあちゃんがいる時など、大人の手が足りている時には泣くのに、私が1人の時にはおとなしくベビーカーに乗ってくれていることが多かったです。

近所の公園は価値観の合うママが多い

近所の公園で出会うママさんは価値観が合う方が多かったです。

同じ住宅地内に住んでいる。
同じように毎日公園に通っている。
最初からこのように共通点があって、子供を外で元気に遊ばせたいという気持ちが一致しているので、仲良くなりやすかったです。
逆に双子サークルでは双子という共通点だけなので、住宅環境も価値観も違うママが多かったです。
双子ママではなくても、近所で気の合うママ友の存在の方が私にとってはとても大切でした。毎日のように公園で顔を合わせて、気軽に何でも相談出来る相手でした。
スポンサーリンク

まとめ

1人で歩き始めたばかりの双子を連れて公園に出ることは、ハッキリ言って大変です。危険も伴うので行かないという方針の双子ママがいるのも事実です。

でも、子供にとっても、ママにとっても、外で他の人と接する機会があるというのは、とても刺激的で、気分転換にもなります。

1人で1人のお子さん同士のママがゆっくり話している姿を見ると、「自分だけ大変」という感覚になってしまうこともあるかもしれません。

でもパパが一緒にいる時は、ママ友には出会えません。

パパが一緒にいる時に話しかけてくれるママさんはもともと近所の顔見知りのママくらいです。

双子ママでもママ友は出来ます。無理のない範囲で、安全な公園を見つけて、チャレンジしてみたら、素敵なママ友に出会えるかもしれませんね。

双子あるある子育て
スポンサーリンク
みいをフォローする
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました