スポンサーリンク

小学生、サンタさんはいつまで信じてた?プレゼント欲しさに知らないふり⁉

大きくなるにつれてプレゼントをくれているのは、実はサンタさんではないことが自然とわかってくる子が多いですが、みんな何歳ころまでサンタさんを信じているのでしょうか?

「10歳頃に知った」という子がもっとも多いようです。

今は子供でも簡単にいろいろな情報を入手できるので、サンタさんのことを知る年齢も低年齢化していっているようです。

少しさみしい気もしますね。

スポンサーリンク

小学生はサンタさんいつまで信じてる?

我が家の場合は6年生でも信じてるふり

我が家の息子達は現在中学1年生ですが、小学6年生のクリスマスには特に「ほんとはサンタさんいるん?」と聞いてくることもなかったです。

それよりも前の歳には聞いていました。その質問をしてこなくなったことで、本当のことがわかったのだろうと判断しました。

おそらく・・・

プレゼントをもらいたい気持ちと、妹がまだ低学年なので夢を壊してはいけないかなという気持ちで黙っていたのだと想像しています。

でもその気持ちは親としても嬉しいので特にこちらからは何も言いませんでした。

妹にあわせて、サンタさんに欲しいものを書いた手紙もきちんと書いていました。

息子たちが小さい頃から、「サンタさんなんか本当はいないんやんな?」と聞いてくることは何度もありました。

でもその度に、「ちゃんと信じている子のところにしかサンタさんは来ないみたいやで」と話していました。

サンタさん

サンタさんはいないと気づいたきっかけ

サンタさんがいないと気づいたきっかけにはいろいろありますが、もっとも多いのは、友達や兄姉に「サンタなんかいないよ」と言われたというものでしょう。

他にも・・・

家の中に隠してあるプレゼントを発見してしまった。

インターネットで目にしてしまった。

親がプレゼントを置くところを目撃。

などがありますね。

少しでも長く信じさせるために、いろいろと工夫をしているご家庭もあります。

例えば・・・

サンタさんからのプレゼントとは別にパパママからのクリスマスプレゼントを渡す。

英語で書いた手紙を一緒に入れる。

窓からこっそり手紙を届ける。

スポンサーリンク

子供に気づかれないプレゼントの準備方法

子供の欲しいもの調査

手紙を書いて靴下へ

我が家では、クリスマスにサンタさんからもらいたいものは、手紙に書いて、クリスマスの飾りとしてリビングに飾ってある靴下にいれておくというのが毎年の恒例となっています。

息子たちが字が書けるようになった幼稚園の年長ころからこのスタイルとなりました。

私がその手紙をこっそりと見て、プレゼントを準備しています。

でも、子供って欲しいものが直前になって変わることがあるので、入手困難なもの以外は、いつもぎりぎりに購入しています。

プレゼント

子供にバレないようにプレゼント準備

ネット購入は時間指定必須

必ず子供たちが幼稚園や学校に行っている時間に指定する。

しかし、困るのが勝手に別の時間に持ってくる宅配業者さんです。

そういう時のために、「お父さんの仕事で使うのが届く予定になってるから」と嘘をついておく。

店舗で購入の方が安心感はある

いつ届いてしまうかわからずにバレてしまうのを防ぐために、実際の店舗でもあまり価格が変わらずに売っているものは、子供たちがいない間に購入しに行っていました。

ラッピングもお店がわからないようなものが多いので、助かります。

スポンサーリンク

まとめ

どんなに家族で頑張っても、周りのお友達やネットからの情報など、10歳頃に真実を知ることになったという子が多いようです。

その時に、まだ下にお子さんがいる場合は、上のお子さんにしっかりと協力してもらい、子供の夢を壊してしまわないように気をつけたいところですね。

また、大きくなっても信じているお友達ももちろんいます。

そういうお友達への配慮として、「サンタなんかいないし」とか「そんなん信じてるん?」とか心無い言葉をかけることもないように、きちんと伝えておきたいです。

 

子育て小学生の日常
スポンサーリンク
みいをフォローする
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました