スポンサーリンク

ケンタッキーはクリスマスは作り置きで冷めていておいしくないってほんと?

クリスマスのメニューといえばケンタッキーのイメージが強いですよね。

ケンタッキーの売り上げのほとんどがクリスマスシーズンというくらいにケンタッキーのクリスマスは大忙し!

そのため、チキンも作り置きで、「予約していてもできたては食べられない」という不満の声も多いです。

スポンサーリンク

ケンタッキーはクリスマスはできたてじゃない!

クリスマスにケンタッキーを買うには予約必須!

クリスマスに思いつきで「ケンタッキーのチキンを買いに行こう!」と行っても、予約なしでは買えないです。

実は、失敗経験者です。

若い頃、そんなことは全く知らず・・・

クリスマスの日に、「ケンタッキー買って帰ろう!」と気軽に寄ったら、買えませんでした。

クリスマスのケンタッキーは揚げたてではない!

クリスマスの日にケンタッキーで予約すると、事前に準備された冷めたチキンを持ち帰ることになります。

予約した時間に取りに行くと、もう注文したものすべてが袋に入れられた状態でズラッと準備されています。

それを流れ作業で渡していくという感じ。

揚げたてではなく、いつ作ったのかわからない冷めたチキン

このことが不満で「クリスマスにケンタッキーは予約しなくなった」という人もいます。

それでも予約し続けている人は「クリスマスのケンタッキーはそういうもの」と割り切って購入している方が多いようです。

あたためて食べることを前提に買ってます。

温め直したら十分美味しく食べられます。

クリスマスのケンタッキーは味が落ちる?

クリスマスのケンタッキーは異常なくらいに忙しいです。

チキンを1日中揚げ続けています!

中には早朝から揚げ始めるという店舗もあるようです。

大量に作るために、普段のケンタッキーよりもクリスマスのケンタッキーの方がどうしても味が落ちてしまいます。

できたてのチキンが提供されるという可能性は低いです。

粗熱取りチキンって何?

もともと移動販売用に開発された粗熱取りチキンを導入している店舗もあるようです。

冷めても温め直せば、おいしく食べられるチキンです。

粗熱取りチキンはお持ち帰り用に開発した「フライドチキン・ホームタイプ」というものです。

「フライドチキン・ホームタイプ」は、お店で買って、おウチで仕上げるスタイルのチキンです。

おいしい温め直し方法

ケンタッキー公式ホームページで紹介されている温め直し方法

【電子レンジの場合】
ラップはせずに、オリジナルチキン1個につき500Wで30秒~1分(1000Wの場合は20~40秒)加熱する。

【オーブントースターの場合】
アルミホイルに包み、180~200℃で5~8分加熱する。

 

スポンサーリンク

クリスマスにケンタッキーはやっぱり定番

クリスマスにチキンを食べるようになった理由は?

12月12日まで早割受付中!

スポンサーリンク

まとめ

クリスマスのケンタッキーでは大量に調理するので、普段より味が落ちてしまうというのは本当のようです。

でも、家に持ち帰ってから温め直して食べると十分おいしいです!

ケンタッキーをクリスマスに食べたい場合は、必ず事前に予約が必要です。

グルメ
スポンサーリンク
みいをフォローする
スポンサーリンク
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました