スポンサーリンク

神経衰弱は何歳からできる?【知育玩具】お買い物ごっこ感覚で神経衰弱

トランプでする神経衰弱を家族でやろうと思っても、数字がまだしっかりと読めない小さなお子さんには難しいですよね。

でも「神経衰弱」は映像記憶能力が鍛えられる、子供の脳の発達にとてもいい影響を与えるカードゲームです。

スポンサーリンク

神経衰弱は何歳から出来る?

小さな子から出来る絵で神経衰弱

『お買い物ゲーム ショッピングリスト』

 

娘が3歳くらいの頃に祖父母からプレゼントしてもらい、もう5年間くらいずっと活躍しています。

 

裏返しにした品物カードで神経衰弱をしながら、ショッピングリストと同じ品物を探すゲームです。

ショッピングリストは自分だけが見えるように持ちます。

小さい子とする場合は写真のように、みんなに見えるようにおいておいた方がわかりやすくて進めやすいです。

 

めくったカードが自分のショッピングリストにある品物であれば、自分のカートへ並べます。
リストにない品物だった場合は、カードは元通りに裏返しにします。

一番早く、ショッピングリスト通りにカートをいっぱいにした人が勝ちです。

男の子も大人ももちろん楽しめますが、おかいものごっこ感覚なのか、うちは娘がどハマりしました。

息子達は娘が誘えばするくらいな感じです。
2〜4人で遊べます。

トランプでする神経衰弱よりも簡単なので3歳くらいから出来ます。

 

箱がボロボロですが…
ボーネルンドです。

大人と互角に勝負出来るので、手加減しなくても3歳が勝つこともありました。

それが楽しいようです。

他にも英語で単語を言ってみたり、「今日のごはんは何かなー?」とカートに入れたものから献立を考えたり、遊び方いろいろです。

トランプでの神経衰弱

トランプでの神経衰弱も慣れるまでは数を減らして簡単にすれば、3歳頃からでも出来ます。

トランプをすべて使うのではなく、1,2,3,4,5だけを2枚ずつ計10枚からスタートして徐々に増やしていくなど、工夫をすれば楽しめます。

一緒に遊ぶママやパパも一回にかかる時間が短くなるので、気軽に真剣衰弱が出来ます。

トランプを全部使った神経衰弱をしようと思うと、結構1回の時間が長くなりますよね。

短時間で出来る枚数少なめの神経衰弱なら、子供からの「もう1回」のリクエストにも答えてあげられます!

スポンサーリンク

まとめ

神経衰弱はルールを覚えれば、まだ字が読めないお子さんでも絵合わせ的な感覚で楽しく遊ぶことが出来ます。

最初はトランプでするより、専用の絵合わせカードなどを使った方が楽しめるのではないでしょうか。

ご紹介したショッピングリストのように、神経衰弱の要素を、ごっこ遊びを組み合わせたカードゲームで楽しくお子さんの脳を刺激してあげることが出来ます。

おすすめグッズ子育て
スポンサーリンク
みいをフォローする
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました