スポンサーリンク

子供のSwitchの持ち出しは禁止?トラブルのもとになる可能性

小学生が放課後、友達と一緒にSwitchをする約束をしてくることがあります。

その際、Switchを持ち出すことは許可していいのか、やめたほうがいいのかの判断に迷うことがありますよね。

それぞれのリスクや、改善策などについてまとめました。

スポンサーリンク

小学生Switchの持ち出しはNG?

Switchを持って集合する約束

小学生の多くが1人に1台Switchを持っているので、放課後にSwitchを持ち寄って遊ぼうという約束をしてくることがあります。

Switchは1人1台必要!兄弟がそれぞれ友達と約束してきた時どうする?
小学生が放課後友達と約束をして、家の前や公園、それぞれ家にいながらオンラインで一緒にゲームをするというシュチュエーションが多いですよね。 そうなってくると、Switchが一家に1台しかなく、兄弟がいる場合、2人共約束をしてきて...

その際に、Switchを持ち出すことがOKなのかNGなのかを、子供と話し合って決めておく必要があります。

我が家は、小学生の間はお友達の家か、自宅の前か、お友達の家の前で遊ぶ場合のみ、持ち出しオッケーにしていました。

小学生を卒業してからは、自己責任で持って行くことを許可しました。

 

 

スポンサーリンク

Switchの持ち出しはトラブルのもと!

Switchを持ち出すことでのトラブル

友達のSwitchを破損
友達同士のSwitchを貸し借りしてしまうと、万が一破損した際に、「誰が壊したのか」「やったやっていない」などのトラブルになります。
弁償するという事態にもなりかねません。
高額なものだけに、こういったトラブルは避けたいですね。
ゲームソフトの紛失
友達のゲームソフトやジョイコンと入れ違う

ゲームソフトはとても小さいので、遊んでるうちに夢中になってしまい、管理が不十分で紛失してしまうことも考えられます。

他にも、友達も全く同じソフトを持っているというケースがほとんどなので、どちらのものかわからなくなってしまうこともあります。

ジョイコンも同じ色のことも多いので、必ず自分のものとわかるように名前を記入しておく必要があります。

盗まれる

友達同士で盗まれるというトラブルもあります。

友達同士ではなくても、公園で自転車のかごに入れたまま、他のことに夢中になって遊んでいると盗まれることもあります。

今は中高生でも簡単にメルカリなどで何でも売れてしまうので、学校で電子辞書が盗まれるというトラブルも起こっているようです。

公園などで大きい子に絡まれる、「貸して」と言われて断れない
公園では中高生や自分より年上の高学年の子など多くの子がいます。

友達同士なら断れても、そういう自分より大きい子から、「ちょっとゲーム貸して」と言われた時に、ハッキリと断ることは難しいかもしれません。断れずに貸してしまって、壊れてしまう、盗られてしまうということも考えられます。

スポンサーリンク

トラブル回避のためのルール

子供と話し合ってルールを決める

子供が大切なSwitchなので、しっかりとトラブルになることを話すと、「やめておこう」という気持ちになることもあります。

それでも、友達と一緒にゲームをしたい気持ちはありますよね。

そんな時は、トラブルを少しでも軽減できるように、お子さんと話し合ってルールを決めておくと安心です。

我が家でのルールは・・・

自分の家の前か友達の家の前でだけオッケー

もちろん友達のおうちもOKですが、今は共働きの家庭も多く、コロナ禍ということもあり、なるべく外で遊ぶようにしている子が多いです。

我が家もしくは友達の家の前ではOKにしています。

公園などいろいろな人が来る場所ではやらない

公園では、「土や砂埃がとんできて、壊れやすくなる」「大きい子に盗まれることもあるかもしれない」ということを伝えると、大切なゲームを持っていくことはしなくなるのではないでしょうか。

「自分の家のルールでは公園では出来ない」ということを友達に伝えると、みんなは一緒に遊びたいという気持ちが強いので、ルールのある家庭の子に合わせてあげていることが多いです。

例えば、公園で出来ないことを伝えると、「じゃあ、〇〇の家の前でやろーぜ」としっかり自分たちで考えて行動しています。

Switchを置いたままにしない

ゲームが終わった後、自転車のかごなどに置いたままにして遊ばない。
一度家に持ち帰ってから、もう1度遊びに行くようにする。

Switchを持ち出す場合はしっかりとケースに入れるようにした方がいいですね。
画面のフィルム以外にも、Switch本体自体を守ってくれるカバーも売っています。

 

オンラインでするという手もある

持ち出しを禁止のルールにするのなら、オンラインで友達と繋がることを認めてあげるという手もあります。

誰とでも繋がれるというのは危険ですが、友達とだけフレンドになって遊ぶのであれば大丈夫です。

あれもだめ、これもだめと子供の希望を全て却下してしまうと、親に隠れてするようになってしまったり、こっそり外で友達のSwitchを借りている子も見かけます。

友達のSwitchを壊してしまうという最悪の事態にもなりかねません。

スポンサーリンク

まとめ

Switchの持ち出しについては各家庭でのルールがあります。

一切持ち出し禁止の子もいます。ですが、そういうお子さんは家に遊びに来てもらって、一緒に遊べるようにしていることが多いです。

我が家と同じで、持ち出しの場所を限定している家庭もあれば、どこに持ち出してもOKで、公園に停めている自転車のかごにSwitchを入れたまま遊んでいるという子も見かけます。

自分の大切なSwitchなので、きちんと話し合ってルールを決めれば、そのルールの中で楽しめるように考えるのではないでしょうか。

何もかも禁止にするのではなく、周りのお友達がどのようにしているのか、子供の意見も聞き、危険をしっかりと伝えた上で、ルールを決めたいですね。

子育て小学生の日常
スポンサーリンク
みいをフォローする
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました