スポンサーリンク

子供だけで公園はいつから?1人で遊びに行く時のルール

スポンサーリンク

1人で公園へ遊びに行くのはいつから?

小学1年生、1人で遊びに行かせる?

1年生の親御さんはみなさん同じようなお悩みをお持ちなのではないかなと思います。

私も子供達が1年生になった時には、色々と悩みました。

我が家は小学校入学後しばらくの間は、一緒について行っていました。

そして様子を見て、まず住宅地内にある近所の公園のみ、子供だけで遊びに出かけることをオッケーにしました。

それでも息子たちの時は「娘も公園に行きたがってるから〜」とまだ小さかった娘を遊ばせるふりをして息子たちの偵察に行っていました。

 いろいろな家庭がある

この子供が1人で公園へ行っていいのかのルールは家庭によって全く違います。

幼稚園児でも子供だけで遊んでいる姿もよく見かけます。

・小学生になったら校区内ならどこに行ってもオッケーな家庭
・行動範囲を決めている家庭
・2年生になってもまだ1人では出かけさせないというルールの家庭

など、家庭によってさまざまです。

娘が小学校に入学してすぐの頃、近所の公園で遊ぶ時に付き添っていたら、同じ公園で別の子と遊んでいた娘のお友達が、
「〇〇ちゃんは1人で遊びにも行かれへんの〜?」
と私に向かって聞いてきました。

そのバカにした言い方に大人気なくイラッとしてしまいました。

小学生になったからって急に何でも出来るようになるわけではないです。

何かあってから後悔しても遅いので、周りのみんなが1人で遊びに行っていても、その子自身と親御さんが「大丈夫!」と思えるまでは付き添った方がいいです。

スポンサーリンク

どんどん広がる行動範囲

交友関係が広がると行動範囲も広がる

小3の娘は、もう今は自転車で少し離れた公園へも子供だけで行っています。

2年生の途中くらいから行動範囲が広がりました。
でもどこにでも行っていいわけではなくルールは決めています。

・1人だけでは公園に行かない
・行き慣れている公園のみオッケー
・お友達の家には勝手にあがらない
・帰宅時間は夏は5時半、冬は5時
・大きい道路、踏切は渡らない

1年生の頃は、約束をしてくるお友達は私もよく知っている幼稚園からの友達ばかりだったので、親同士も連絡が取り合えるため安心して送り出していました。

お菓子をもらったと言えば、「ありがと〜」とLINEしたり、何かで揉めたと聞けば
「こんなことがあったみたいで〜」と気軽に親同士が報告し合える感じでした。

でも2年生になるとだんだんと聞いたこともないような子とも約束をするようになってきました。

その子自身がどんな子かもわからない、どんな家庭の子かもわからないとなると送り出す時に不安があります。

何かあっても連絡がとれないので困ることもありました。

問題が起こった時に困るかぎっ子の対応

特に困るのが「かぎっ子」の対応です。

 

家の前で娘と一緒に遊んでいたお友達が「かぎ忘れてきちゃった〜!お母さん、7時半に帰ってくる!」ということがありました。

まだ2年生の頃です。

7時半って!?

娘もその子も5時が門限でしたが、「5時半にお兄ちゃんが帰ってくる」と言うので、うちの家の前で娘と遊んで待ち、5時半にその子のおうちまで送っていきました。

すぐにお兄ちゃんが帰ってきたのでよかったですが…

親御さんと連絡もとれないので勝手にお友達を預かることも出来ないし、放課後のことですが、学校に連絡するくらいしか方法はありません。

でも学校に連絡したところで、親御さんがすぐに帰ってこれない場合や連絡がとれない場合にはうちが預からないといけないのかな…

外に1人で放置しておくことも出来ないし…

どうするのが正解なんだろう…と、この件でいろいろと考えました。

怪我をした時なども対応に困るので、低学年のかぎっ子とは遊んでほしくないのが正直なところです。

でも友達を選ぶようなことはしてはいけないかなと思って、娘には何も言っていません。

子供達もなんとなく似たようなルールの子同士の方が遊びやすいのか、結局よく遊ぶのは幼稚園の頃からの友達で、門限やルールがよく似た子です。

「だれ?」という子が登場するのは、たま〜にです。

スポンサーリンク

放課後の遊びで学べること

いろいろと問題もありますが、そういう問題に対処することも含めて、小学生が放課後に友達と遊ぶことで学べることってたくさんあります。

我が家の現在中学生の息子たちは、小学生の間、「放課後友達と遊ぶ」ということがほとんどありませんでした。
学べないまま大きくなったので、友達との待ち合わせの仕方などがいまだに下手です。

友達と場所や時間を決めて約束をする

約束も最初はうまくいかないけれど徐々にできるようになります。

1年生の頃は約束した場所で待っていてもお友達が来ないということも多々ありました。

自分のしたい遊びだけが出来るわけではない

大勢の友達と遊ぶ場合、自分がドッジボールがしたくても、みんなが鬼ごっこがしたいとなれば、ドッジボールが出来るわけではありません。

みんなで話し合って決めるというのも最初のうちは難しいです。

1年生の頃は、「ドッヂいやや」とスネて帰っちゃう子がいたり、3人で遊んでいるのに「〇〇ちゃんはやりたくないって言ったから…」と2人だけで遊んでしまっていたりと、いろいろとありました。

もめてしまい「おかあさ〜ん」と助けを求めて呼びに来ることもありました。

3年生になった今は、もめてしまっても話し合って自分たちで解決しているようです。

もしかしたら、不満に思っている子もいるのかもしれませんが、そうやって友達に合わせることが出来るようになったというのも成長ですね。

年下の子や年上の子と遊ぶ経験が出来る

娘が3年生になり、同級生の弟や妹が数名入学してきました。

公園にも一緒に来ていて、1年生も交えて一緒に遊ぶこともあります。

娘は末っ子なので年下の子と遊ぶのはいい経験になります

娘は近所の公園で、4つ上の兄たちの友達に遊んでもらったこともあるようです。

コロナのせいで、学校では縦割りでの活動がなくなっているので、違う学年の子と遊ぶというのは、貴重な時間です。

(みんな公園でもちゃんとマスクしています。)

時間を有効に使うことを覚える

友達と遊ぶ時間を確保するために、時間を有効に使おうと考えています。

小学生の宿題はいつやる?友達との約束を優先!!
小学校の宿題はいつやる? 学校の宿題はいつやるルールにしていますか? 友達と遊びに行く前ですか?後ですか? 我が家はいつでも本人の自由です。 友達との約束があれば、宿題よりも友達との約束を優先します。 宿題は下校後...

 

学校や習い事では学べないことを、放課後の子供達だけの世界で学んでいきます。

学年が上がるとまたその学年によって、またいろいろな問題が発生しますが、それを乗り越えて成長していきます。

子育て小学生の日常
スポンサーリンク
みいをフォローする
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました