スポンサーリンク

図書館のDVDを破損したら弁償代は高額!図書館のルールを守ろう 

スポンサーリンク

図書館利用時の注意点

図書館は無料で本やDVDを借りることが出来る、とても魅力的な場所です。

「借りている大切なもの」ということを子供達にも伝え、ルールをしっかりと守って利用したいですね。

図書館で借りているものを、万が一、破損してしまった時の対処のルールも知っておく必要があります。

DVDを破損してしまったら弁償代は高額!

図書館で貸し出されているDVDは著作権補償処理費用を含むため、通常のお店で販売しているものとは価格が異なります。

紛失や破損により高額な弁償が必要になることがあるので注意が必要です。

特に小さなお子さんがいる場合は取り扱いには十分に注意しましょう!

我が家では、子供達が小さかった頃は「図書館で借りたDVDは子供は触ってはいけない」というルールにしていました。

しかし・・・

娘が1歳頃の時、いつもは手の届かないところに置いていたDVDをうっかりテレビ台に置きっぱなしにしてしまっていることがありました。

子供ってそういう普段は触れないものに興味津々ですよね。

気づいたときには遅かったです・・・

娘がDVDケースから無理に取りだそうとしたので、「パキッ」っとディスクが少し割れてしまいました。

1000円くらいで販売されているDVDだったのですが、著作権の関係で5000円くらいの弁償代を払うことになってしまいました。

勉強代と思うしかないですね。

5000円はまだ安い方です。
1万円から2万5千円くらいの弁償代が一般的なようです。

不安な方は「DVDは借りない。借りるのは本だけ」というルールにしてもいいかもしれません。

我が家も、割ってしまってからしばらくはDVDは借りないようにしていました。

本を破ってしまったらセロテープで補修はNG!

借りている本は大切に扱うことは当たり前ですが、わざとではなくても、小さいお子さんが破ってしまったり、飲み物をこぼしてしまったり・・・

特に子供と読んでいるといろいろと想定外なことが起こります。

図書館の絵本は古いもの、傷んでいるものも多いので、新しい本よりも破れやすいことも。

もし、図書館の本が破れてしまっても、自分でセロテープで修理してはいけません

これ、私も知らなかったのですが、子供達が「図書館お手伝い隊」という図書館のお仕事をお手伝いできるイベントに参加した時に教えてもらってきました。

セロハンテープで補修するとノリが劣化して、2〜3年で変色してしまいます。

図書館には補修専用のテープがあるので、自分では絶対補修せずに、そのまま図書館に持っていきましょう。

図書館の人に素直に謝り、破れてしまった箇所を伝えれば大丈夫です。

修理が不可能なほどの破損の場合のみ、弁償の対象となります。

スポンサーリンク

図書館をどんどん活用しよう!

小さいお子さんの場合、「破ってしまったらどうしよう」という不安もありますよね。

私も同じでした。

今は読書家な双子の息子たちも小さい頃は、家の本はムシャムシャ食べていましたから(笑)
こどもチャレンジのしまじろうの本は自由にさせていましたが、ビリビリでした。

図書館で借りた本を入れておくボックスを用意して、読む時以外は子供達の手の届かない場所に置いていました。

図書館で借りてきた本を大切に扱う、図書館では静かに過ごす、借りた本を期限内に返す、破損してしまった時の対処法など、図書館にはいろいろなルールがあります。

ルールを理解して、守るということも子供にとってはいい経験になります。


我が家は図書館を最大限に利用していますが、意外と周りの子には「図書館に行ったことがない」という子も多いです。

もったいないです!

図書館は子供にとっても大人にとっても素晴らしい場所です。

どんどん図書館を利用していきましょう。

読書
スポンサーリンク
みいをフォローする
こそだてあんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました